医師がいざ転職しようとすると「一体どこで求人情報を探せばいいのか?」「履歴書や職務経歴書の上手な書き方が分からない」「面接でどのような対応をすれば採用され易いのか」など、様々な疑問や不安が次々に出てきます。特に初めての転職を経験する医師の場合、求人探しから転職希望先の担当者との交渉、各種応募書類の準備、面接、条件交渉など慣れない事ばかりで疲れてしまう事は想像に難くありません。
 
転職は一生のうち何度も経験するものではありませんし、出来るだけ1度で成功させたいもの。何度も転職する医師は社会的信用を失ってしまいます。
「そうは言っても、仕事をしながら転職するなんて忙しすぎて無理だし、本当に働きやすい優良求人なんて誰も教えてくれない」
そんな発想から転職したくても出来ないまま、ずっと不満を溜めている医師も少なくありません。
 
もしご自分の年収や待遇を本気で変えたいのであれば、転勤して職場環境を変える以外に道はありませんが、転職には確かにリスクもあります。そこでお勧めしたいのが転職エージェントの利用です。
 
 

転職エージェントは医師の転職の強い味方

 
 
仕事をしながら転職しなければならない医師は、あまりの忙しさから転職先を見つける事も出来ないまま時間が経過しているケースもあります。「誰かが自分の代わりに転職先を見つけてくれないかな…」そんな希望を叶えるのが転職エージェントの存在です。
 
エージェントは転職を希望する医師のヒアリングを行い、条件に合う転職先をピックアップ。転職サイトに掲載されている求人数は数千件とかなり数がありますが、条件絞込み検索を行えば最適な求人を選び出せます。さらに良い所は、お勧めする求人がブラック病院やブラッククリニックではない事。
 
評判が悪く医師が定着しない医療機関は、低賃金で長時間労働をさせる病院、パワハラが横行する人間関係の悪い病が多くなっています。そのような悪名高い病院から寄せられた求人は最初から除外して、条件の良い求人だけを選んで紹介してくれるのが大きなメリットです。
 
 

意外な転職先を教えてくれる事も

 
医師が活躍出来る分野と言えば主に病院やクリニックなどの医療機関ですが、他にもMD(メディカルドクター)や保険社医、老健施設、保健所、刑務所に勤務する「矯正医官」など意外な仕事もあります
もちろんこれらの職場をエージェントが必ず紹介してくれるわけではないのですが、「老健施設の所長の求人を提示されて驚いた。ずっと病院勤務だったので目から鱗だ」などと、病院やクリニック以外の職場がある事に初めて気が付くケースもあります。
 
また、医師の経歴や実績、希望する勤務地、希望年収、ライフスタイルなどを総合的に分析して、公務員への道を薦める事もあります。国が運営している矯正医官などですね。
 
このように、医師が一人で転職先を探すよりもずっと広い視野で求人情報を紹介してくれる点が、転職サイトを利用する大きな魅力と言えるでしょう。