産婦人科は産科と婦人科の両方を合わせた診療科目です。クリニックによっては婦人科のみの医療機関もあり、お産を一切扱わない医師もいます。小児科と産婦人科(特に産科)は病院やクリニックの中でも患者数が減っている斜陽分野と言われていますが、それゆえに医師不足が深刻化しています
 
とくに産婦人科医師は数が減っており、ベテラン医師や豊富な実績のある産婦人科医は高い年収を実現させています。医師不足だからと言って決して年収が低いわけではありません。確かな技術や知識があればしっかりと活躍出来る分野なのです。
 
 

産婦人科医の求人は少ない?それとも多い?

 
出生数が毎年穏やかながら減少している現状を考えると、産婦人科(特に産科)はあまり将来性のない診療科目のように感じられます。ところが産婦人科はお産だけではなく、女性特有の病気(子宮がんや子宮筋腫など)も診察・治療を行っています。そのため産婦人科が斜陽分野であるとは一概には言えません。
 
もちろん分娩数は確実に減少しているため、産科クリニックや産科医師は減少傾向にありますが、婦人科は一定数のニーズがあります。また不妊治療にも注目が集まっており、生殖医療専門医の称号を持つ医師にとっては活躍できるチャンスやステージは多数。
 
このような状況があるため、全国的に見て産婦人科医求人が極端に少ないわけではありません。医師の転職情報をチェックしても、小児科医より求人数は多い印象です。産婦人科医は人材不足に陥っているため、より有利な条件で働ける求人情報も多数あります。
 
 

女性医師には有利な産婦人科

 
女性医師にとって、産婦人科は特に働きやすい診療科目。患者も同じ女性に診察してもらえるなら安心ですし、医師の人柄やスキル、技術によっては患者の信頼をガッチリ掴める可能性もあります。デリケートな部分を診察してもらわなければならないため、患者の中にはわざわざ女医を選んで通院する方もいます。
 
ただしお産を取り扱う産科の場合医療ミスなどから訴訟を起こされるリスクもありますし、自然分娩の場合、医師の都合の良い時間にお産が始まるわけではないため拘束時間が長くなるデメリットも。ただ、新しい命の誕生に立ちあえる喜びは言葉にならない程素晴らしいもの。しっかりとした実績や経験を積めば引く手あまたの診療科目ですし、やりがいのある仕事でしょう。
 
 

産婦人科医の年収は?

 
産婦人科医の年収は約1,000~1,500万円前後となっています。ただし勤務先の規模や患者数によっては年収が1,000万円を下回るケースも。もし実績やスキルの割に給与が安いと考えているのなら、他の病院の給与相場などを医師専門の転職サイトで聞いてみると良いです。
 
もし給与額が周辺の医療機関よりも不当に安い場合は、より高い給与が望める病院やクリニックへ転職する方法があります。